神戸市北区道場町という片田舎にカフェふた葉という小さなお店があります。

2009年にオープンし色々と形を変えながらひっそり営業していましたが、

私達店主夫婦に赤ちゃんが生まれ、産休・育児の為長期休業を決心していた矢先、

ひょんなことから来年姉妹店をオープンする運びとなりました。

 

病院やデイサービスなどが入る生涯発達支援施設という

地域に開かれた公共性のある場所で

「health&community」(健康と人・地域の繋がり)

という使命とも言える大きなコンセプトを授かり、お店作りが始まります。

今までとは違う場所・空間・目的で

新しい事に挑戦できることをとても嬉しく思います。

培われてきた分野でどれだけ貢献出来るのか分かりませんが、

この機会を与えて下さったことに、ただただ感謝の気持ちで一杯です。

ここ5年ほど夫婦二人でお店をやってきましたが、

来年からは気の合う仲間たちの手厚い協力を得て、

以前よりも大所帯になる予定です。

 

今度のお店は”木のあいだ”と書いて”このあいだ”と言います。

木と木の間の木漏れ日やそよ風に

虫や鳥や人など違いを持った者同士も集える多様性のある温かな空間で、

「このあいだね・・・。」と何気ない会話が生まれてくるような

そんな場所になればという思いと駄洒落を込めました。

 

自然に飾らずに日常を楽しめるようなご飯やおやつ、

コーヒー・紅茶・ハーブティーなどお出しできればと思っております。